めじろおし芸能便り

「めじろおし芸能便り」はまとめブログです。旬の芸能情報やニュースをいち早くお届け!

    カテゴリ:タレント > 木村拓哉


    たくや、1972年11月13日 - )は、日本のマルチタレント(俳優、歌手、声優)で、男性アイドルグループSMAPの全活動期(1988年 - 2016年)のメンバー。「キムタク」の愛称が報道などで使われている。 東京都出身。ジャニーズ事務所所属。妻は歌手の工藤静香。2児の父であり、次女はモデルのKōki,。
    69キロバイト (8,962 語) - 2019年11月4日 (月) 14:33



    (出典 akandama.com)


    どこの塩パンやろ?
    食べてみたい(*^^*)

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/10(日) 07:13:09.50


    (出典 image.news.livedoor.com)


    ここは「美食の都」パリ……ではなく、千葉県某所。10月下旬、木村拓哉(46)率いる日曜劇場『グランメゾン東京』(TBS系)撮影チームの面々は、海辺でのロケに臨んでいた。

    木村が凄腕シェフを演じる今作の視聴率は、初回12.4%、第2回13.2%、第3回は11.8%と好発進。パリまで飛んで、実在の三つ星レストランで撮影した甲斐があったようだ。

    この日は、数百人ものエキストラに加え、ドローンを使った空撮もある大規模なロケ。撮影は長時間に及んだが、鈴木京香(51)、玉森裕太(29)らとともに、撮影の合間に談笑する姿を見せるなど、雰囲気も◎だった。

    「木村さんは、番組スタッフにも、白トリュフ入り塩パンを、人数ぶん差し入れてくれたんです」(TBS関係者)

    なんとも豪華な現場である。放送前の試写会でも、大盤振舞いが話題になっていたという。

    「フランス大使公邸で開かれた試写会の出席者には、高級ホテル特製のドラマ名入りマカロンが振る舞われ、ワイングラスが贈られました」(制作関係者)

    さすがのキムタクチームぶりに、いただきました! 星、3つですっ!

    (週刊FLASH 2019年11月19日号)

    https://news.livedoor.com/article/detail/17358399/
    2019年11月10日 6時0分 Smart FLASH


    【星3つ!!!木村拓哉、"白トリュフ入り塩パン"をロケの皆にふるまう(*^^*)】の続きを読む


    木村 拓哉(きむら たくや、1972年11月13日 - )は、日本のマルチタレント(俳優、歌手、声優)で、男性アイドルグループSMAPの全活動期(1988年 - 2016年)のメンバー。「キムタク」の愛称が報道などで使われている。 東京都出身。ジャニーズ事務所所属。妻は歌手の工藤静香。2児の父であり、次女はモデルのKōki
    69キロバイト (8,962 語) - 2019年10月18日 (金) 04:27



    (出典 contents.oricon.co.jp)


    また、カリスマ?www
    でも嫌いじゃない(^^)

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/30(水) 07:21:07.74

    俳優の木村拓哉が主演するフジテレビ開局60周年特別企画・スペシャルドラマ『教場』が来年1月4、5日(ともに後9:00)に放送されることが決定。このほど、木村演じる教場(警察学校教室)のカリスマ教官・風間公親のポスタービジュアルが初解禁された。自身初となる白髪、そして義眼によってこれまでにない姿に変ぼうを遂げている。

    木村は「撮影現場に来られた一般の方が『きょう木村拓哉が来ているってどこにいるの?』と言っている横に自分がいました(笑)。それくらい分からなかったんじゃないかなと思います。普段との見た目のギャップがあったのかもしれないですね。本編のできあがりが本当に楽しみです」と手応えをにじませた。

    同ドラマはベストセラー(累計70万部)となった長岡弘樹氏の『教場』(小学館)シリーズを原作に、警察学校のリアルを描く大作エンターテインメント・ミステリー。現在放送中のTBS系日曜劇場『グランメゾン東京』では破天荒な天才シェフを演じている木村。今作ではそんなイメージをガラリと変え、原作では「冷厳な白髪教官」「どこか焦点が定まらない双眸(そうぼう)」と表現されている“風間公親”になりきるべく、中江功監督をはじめ、ヘアメーク担当やスタッフと木村とで何度も話し合いを重ね、ビジュアルを作り上げた。

    よりリアリティーのある白髪の表現を探るため、髪の毛のブリーチや白髪に染めることなど、いくつもの選択肢を探り、木村自身もすぐにオーダーに対応して臨むほどの気合の入れようだった。ヘアメーク担当によると参考にしたのは原作『教場2』の書影。風間の後ろ姿が描かれており、髪の毛の生え際は白髪だが他の部分は黒髪も多くある。すべてを白一色にするのではなく、黒を残す事でより原作に近い“風間公親”を表現した。

    ポスタービジュアルでは、白髪で色のついた眼鏡をかけ、手には白手袋を持ち、肘をたて指を組んでたたずんでいる木村。まっすぐ前を見据えているその目は、なにかを見つめているようで、よく見ると原作で「義眼を思わせる」と表現している右目もわずかに確認することができる。

    彼の周りには金網のようなものが敷かれ、その中に“風間教場”の生徒たちのさまざまな表情で配置。まるで警察学校をふるいに見立て、その中にいる生徒たちを木村が見つめているようにも取れる。必*顔をしている生徒もいれば、何かを探っているような表情、何かに怯えている表情、また笑顔の生徒もいる。そんな生徒たちが“風間教場”で鍛えられ、果たして何人の生徒がここからふるい落とされることなく卒業することができるのか。木村が魅せる新境地とともに物語の行方にも期待が高まる。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17305974/
    2019年10月30日 7時0分 オリコン


    (出典 image.news.livedoor.com)


    【木村拓哉 来春1月放送のドラマの役は、"今までにない"役柄?!】の続きを読む


    グランメゾン東京』(グランメゾンとうきょう)は、TBS系「日曜劇場」枠で2019年10月20日から毎週日曜21時 - 21時54分に放送されているテレビドラマである。主演は木村拓哉(令和最初の主演ドラマ)。また、その劇中に登場するレストランの名称でもある。 2019年8月30日、パリの有名三つ星レ
    15キロバイト (1,544 語) - 2019年10月26日 (土) 00:55



    (出典 realsound.jp)


    こんなにドラマが多かったら被ることもあるっしょ。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/23(水) 12:36:26.09

    10月20日より、木村拓哉主演のドラマ『グランメゾン東京』(TBS系)の放送がスタート。評判は上々なのだが、ネット上では〝パクリ〟を指摘する声も上がっている。

    同作の主人公は、フランス料理のシェフ・尾花夏樹(木村)。二つ星を獲得し、カリスマシェフともてはやされ自信が慢心に変わっていたある日、〝大きな事件〟を起こしてすべてを失ってしまう。

    しかし、それから数年後、女性シェフ・早見倫子(鈴木京香)と出会うと、もう一度シェフとして生き直そうと決意。世界最高の三つ星レストランを作り上げることを目標とし、最高のスタッフを集めようと、かつての仲間たちに当たっていく物語だ。

    「どうやらこのストーリーが、2015年にアメリカで、16年には日本でも公開されたブラッドリー・クーパー主演の映画『二ツ星の料理人』にそっくりだと話題になっているのです」(芸能記者)

    はじめからリメークでやっとけば…
    同映画のあらすじは、

    《パリの一流フレンチレストランの二ツ星シェフが、スキャンダルを起こして姿を消した。彼の名はアダム。シェフとしては最高だが、人間的には欠点だらけの男だ。それから3年、復活をかけたアダムは、かつてのオーナーの息子トニーがロンドンに開くレストランを訪ね、強引にシェフの座に就く。「三ツ星をとって世界一になる」と誓い、パリ時代の同僚のミシェルやヘッドハンティングした女性料理人エレーヌなど、才能あふれるスタッフを集める…》

    というもの。二つ星を獲得していた〝性格に難アリ〟のシェフが一度失墜し、〝三ツ星を目指そう〟と再起するにあたり、〝昔の仲間たちを集めていく〟という流れは、確かにそっくりだ。

    ネット上では、これについて、

    《グランメゾン東京、テンポがよくて面白かったけど二ツ星の料理人と似過ぎてるのが気になるなぁ》
    《ブラッドリー・クーパーの映画「二ツ星の料理人」設定そのまんまですね。脚本書ける人、本当にいないんだなー》
    《まんま二ツ星の料理人を日本の連ドラ用にアレンジして引き伸ばしたみたいな内容で不安になった》

    などといった声が上がっている。

    木村の演技は絶賛を受けているが、思わぬところで足を引っ張られるかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/2049996/
    2019.10.23 10:32 まいじつ


    【【パクリ?!】木村拓哉が主演の『グランメゾン東京』に疑惑】の続きを読む


    たくや、1972年11月13日 - )は、日本のマルチタレント(俳優、歌手、声優)で、男性アイドルグループSMAPの全活動期(1988年 - 2016年)のメンバー。「キムタク」の愛称が報道などで使われている。 東京都出身。ジャニーズ事務所所属。妻は歌手の工藤静香。2児の父であり、次女はモデルのKōki,。
    69キロバイト (8,962 語) - 2019年10月18日 (金) 04:27



    (出典 akandama.com)


    こんなに身長低いって言われたら
    どうしても気になっちゃうよね…
    キムタクも視聴者も

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/25(金) 22:28:10


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 thetv.jp)


    木村拓哉が10月24日放送の『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)に出演。
    この日は元バレーボール選手がゲスト出演したが、そこで木村が取った行動が視聴者の間で物議を醸している。

    木村は先週に引き続き、話題のドラマ『グランメゾン東京』(同系)で共演する沢村一樹とともにゲストとして登場。
    番組では、沢村が憧れる女性として、元バレー日本代表の?さおりん?こと木村沙織がゲスト出演。
    妻が178センチと高身長の沢村だが、身長184センチと大柄な沢村は高身長の女性を見上げた経験はないといい、ぜひ会ってみたかったという。

    「一緒に並びたかったの!」と興奮した様子の沢村は立ち上がり、自身より1センチ背が高いさおりんと横並びに。
    「(女性を)見上げるってことがないんで…うわ、ドキドキする!」「実物を見るともっときれい」と大喜び、さおりんは口元を押さえて恥ずかしがった。一方で、木村は自席に座ったまま、沢村の笑顔を見つめていた。

    バレー選手の妹はエスコートも…

    さおりんは、木村の大ファンだという自身の妹をスタジオに呼んでいた。
    登場時から涙を流して大喜びしていた妹を見るなり木村は立ち上がり、妹のもとに駆け寄りエスコート。
    姉と比べてかなり身長が低く小柄な妹の手を腰に回し、スタジオまで誘導。
    木村自身が座っていた席に妹を座らせ、その隣に姉のさおりんを座らせた。

    この後、姉妹を交えて番組を進行。自身のファンに?神対応?を見せた木村だったが、視聴者はさおりんの登場時には立ち上がらなかったにもかかわらず、
    妹の登場時には立ち上がったことを疑問に思ったようだ。この行動について、

    《キムタクが絶対、木村沙織とは並んで立たない…》
    《キムタクなぜ一緒に並ばない!!》
    《キムタクは、エスコートするフリして、背の高い木村沙織を座らせるw》
    《キムタク身長差バレないように座ったままだったりカメラクレーンで上から撮って身長ばれないようにしてる》

    など、木村が身長を気にしたのではという憶測が飛び交っている。

    さおりんと同等に身長の高い沢村一樹と共演している時点で、特に問題ないような気もするが…。

    http://dailynewsonline.jp/article/2052464/
    2019.10.25 11:01 まいじつ


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 www.jlab.work)


    【木村拓哉 "身長を気にしている?"自分より背の高い木村沙織の横に立たない】の続きを読む


    グランメゾン東京』(グランメゾンとうきょう)は、TBS系「日曜劇場」枠で2019年10月20日から毎週日曜21時 - 21時54分に放送されているテレビドラマである。主演は木村拓哉(令和最初の主演ドラマ)。また、その劇中に登場するレストランの名称でもある。 2019年8月30日、パリの有名三つ星レ
    14キロバイト (1,283 語) - 2019年10月21日 (月) 00:20



    (出典 upsgarden.com)


    テレビがないから、観れない…
    興味わいてきた(^^)

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/21(月) 02:10:41

    10月20日から放送される、日曜劇場『グランメゾン東京』(TBS系)。ストーリーは、フランスの三つ星レストラン「ランブロワジー」で面接を受けていた早見倫子(鈴木京香/51)が、借金取りに追いかけられていた男と偶然出会う。その男とは、実は天才フレンチ料理人の尾花夏樹(木村拓哉/46)。そして尾花は倫子に突然、一緒に店をつくらないかと提案する……というもの。

    このなにやら懐かしさを感じるストーリー展開は、日曜劇場枠の売り。『半沢直樹』『下町ロケット』『ノーサイドゲーム』など、下克上ドラマで一定のファン層をガッチリつかんでいるので、路線として正しいといえば正しい。メインキャストが阿部寛(55)や三上博史(57)あたりなら、何の疑問もなく「どう大逆転するのだろう? 面白そう」と想像がつきやすい。が、今回は、主演が木村拓哉である。それが吉と出るのか、凶と出るのか、はてさて。

    筆者はいわゆる1990年代から2000年代、ドラマで高視聴率をたたき出していた木村拓哉に、これっぽっちも興味を持てなかった「キムタクはなにを演じてもキムタクに見える」派だ。キムタクは印象的に、超人すぎたのだ。

    が、SMAP解散後、明らかに疲弊していく木村拓哉にやっと人間味を感じた。そして今回の『グランメゾン東京』予告ムービーでの「アンタに星を取らせてやるよ……」。決め決めのセリフを吐くキムタクだが、正直、全然かっこよくないのだ。中途半端に茶色に染まった短髪は似合っていると言い難いし、スタイルも共演する沢村一樹(52)や及川光博(49)のほうが、何倍もスタイリッシュで現代風だ。誤解を招く言い方かもしれないが、顔もヒーロー然としていた時期より暗く、どこかズルい顔になっている。

    ■オーラのない木村拓哉がいい!

    しかし、それがたまらなくいい! アニメ『ドラゴンボール超』(フジテレビ系)の主題歌『限界突破×サバイバー』で自分を解放した氷川きよしにも感じたが、周囲のイメージに押しつぶされそうになってそこからもがき出んとしている人独特の、「キラキラ」とはまた違った「ぎらぎら」が今のキムタクにはある。それがとてもいい!

    先日発表された音楽のソロ活動はともかく、俳優としてはどんな役をしていくのか、本当に楽しみで仕方がない。今のキムタクなら、すさまじい悪役もハマるし、ヒロインの父親やダメな上司など、脇だってできる。『グランメゾン東京』の彼の役が、いつも通り「型破りな天才」という設定なのが、もどかしいほどである。彼が演じる普通のオヤジが見たい。木村拓哉は、アイドルオーラがなくなったこれからが、第2の旬なのだ。そんな気がしている。

    http://dailynewsonline.jp/article/2046776/
    2019.10.20 16:10 日刊大衆


    【ついに連載スタート『グランメゾン東京』 木村拓哉主演が、吉と出るのか?凶と出るのか?!】の続きを読む

    このページのトップヘ